まずは相談を


ワイングラスを持つ女性

風俗営業許可ですが、種類がいくつか存在しています。風俗営業は一号営業から八号営業までが存在しています。自分が経営していこうとしている風俗店が、どの営業に分類されるのかぐらいは把握した状態で、風俗営業許可を取る様にしましょう。まず一号営業から六号営業は、キャバレーやダンスクラブそして喫茶店やバーが当てはまります。あとの七号はマージャンやパチンコ・パチスロ、そして八号はゲームセンターになります。風俗店と言っても、性風俗店だけが存在しているのではありません。性的要素がない娯楽施設も風俗店に分類されます。したがってそれに該当するお店を経営していくのであれば、しっかりと風俗営業許可は取らなければならないのです。そして性風俗店は、性風俗関連特殊営業という事で分類されています。風俗営業とはっきり分類がされていますので、この点も覚えておくべきです。店舗型と無店舗型に分かれており、店舗型は性風俗のサービスによって、一号営業から六号営業に分類されています。例えば個室ビデオ店であれば三号営業、ソープランドであれば一号営業です。そして無店舗営業と言えばデリヘルやホテルヘルが当てはまります。因みに性風俗店には、映像配信型風俗特殊営業や店舗型電話異性紹介営業という営業形態もあります。少しでも風俗的なサービスであると考えたのであれば、風俗営業許可申請するという考えに到達しなければなりません。そして迅速に行政書士に仕事を依頼するなど行動を取ります。

風俗営業許可が下りるのには、様々な規定をクリアしなければなりません。風俗営業もしくは店舗型性風俗特殊営業であれば、店舗の様々な点が調査対象となります。しかし、法的な部分が初心者である方が全てを理解する事は難しいです。だからこそ行政書士の力を借りるのです。行政書士はその辺りのプロでありますので、まずは相談をしてみるだけでもいいのです。相談をしてその行政書士に届出をしてもらおうと思ったのであれば、早速仕事の依頼をしてみましょう。相談無料である行政書士事務所もありますので、依頼の前に話を聞きたいまたは風俗営業許可について知りたいのであれば、尚更まずは相談が一番適した方法です。